CATEGORY

皮膚疾患の気持ち

アトピーで長年悩んできたからこそ、気になる放っておけない皮膚疾患の人の気持ち 「皮膚疾患患者は死にたいけど死ねない」そんな言葉をかかりつけのクリニックで目にしてから、そんな人たちの気持ちがわかるからこそ形に残したいと思います

  • 2020年5月8日

辛かったことを忘れないのが誰かの役に立つ? ー叔母を亡くして思うこと

新型コロナウイルスの感染拡大で、関東のサービス業はほぼ休業状態でしたが、ゴールデンウィークを明けても未だ接客のお仕事はない状況ですね。。。 自宅の庭では、ハーブ達がグングン大きく成長してる 去年、叔母の家(愛知県)からもらってきたカモミールは、タネがこぼれて今年の方が沢山咲いてます   わ […]

  • 2020年2月7日

肌の不具合を解決する方法

肌のトラブルっていうのは本当に厄介です。 先日もハンズビー中野丸井で出会ったお客さん 息子さんも娘さんも肌荒れ(皮膚疾患)を持っていて、けっこう重症という方でした ハンズビー中野丸井の売り場   この前、自宅にあるハーブがたまたますごい良い匂いだったのでハーブティーにしてみた 見た目はモサ […]

  • 2020年1月8日

“知ってる風な人”の落とし穴 ーもっと知っている人は?自分はどうする?

ここのところ花粉が飛び始めたのか?肌が乾燥したり痒みがでたりしてきました。 まあ、毎年のことではありますが、やっぱりこれから5月くらいにかけては、23時代には布団にはいり、身体も肌も心もしっかり休ませねば乗り切れませんね! 今朝は電車が人身事故で2時間も遅れ、販売の現場につく頃にはグッタリしてました […]

  • 2019年8月25日

肌が病気であることの意味

わたしの皮膚は爆弾のようで、いつ爆発するかわからないトラブルを抱えている 19歳で発症した皮膚の病気(アトピー性皮膚炎)は、大学進学と転居という生活の変化をきっかけに重症になり、それ以来ずっといつ爆発するかわからない皮膚のトラブルを持ちながら生活することになる 皮膚(肌)が病気になる気持ち 皮膚疾患 […]

  • 2019年8月15日

辛くても笑顔でいる努力を続ける

わたしが自分のことを頑固で融通のきかない性格だと気づいたのは30歳を過ぎてから 30代になるまでは 楽しくないのに笑うことなんてできない 思ってないことを言えない と思っていた それでも人の役に立ちたいという強い思いを、心のどこかに持っていた 今思えば、もっと昔から笑っていれば、もっと早く人の役に立 […]